話し合うべきこと

離婚届を提出する前に、決めておかなくてはならないことがたくさんあります。離婚届を出す前に必ず決めておかなくてはならないのは、未成年の子供がいる場合の親権者です。届出用紙に親権者の氏名を記入する欄が用意されており、そこが空欄のままでは受け付けてもらえないことになっていますので、必ず前もって決めておかなくてはなりません。一方、慰謝料や年金分割などについては離婚した後で決めてもよいことになっています。しかし、いったん離婚が成立してしまうと、真摯な対応をしなくなってしまう配偶者が多いので、離婚届を出す前に決めてしまうようにするのが望ましいです。いずれの問題も法律が絡んできますので、弁護士に離婚相談してみるのが一番です。自治体が無料で弁護士による離婚相談サービスを提供している場合が多いので、まずそれを利用してみることをおすすめします。

配偶者の中には、自分が浮気して家を飛び出していった挙句、離婚届に判を押さないと生活費を入れてやらないなどと言って強迫してくるような人がいます。小さなお子さんがいて、外に働きに出ることが難しいような女性の場合は、その日から生活に困窮してしまうことになりますので、泣き寝入りせざるを得なくなるケースが少なくありません。でも、そのような場合には、簡単に諦めてしまったりせずに、弁護士の離婚相談を利用してみることをおすすめします。離婚相談をすれば、勝手に出て行った配偶者に生活費を分担させる方法を教えてもらうことができます。また、その弁護士と委任契約を結んで、自分の変わりに動いてもらうことができるようになりますので、身勝手な配偶者にきちんと責任を取らせることができるようになります。