相続の色々

マンション経営は土地の評価額を下げるため、相続税の節税につながります。しかし、マンションを建てられるほどの土地を持っているということは稀です。空き地の土地活用の手法としては、利用しにくいのが現実です。 ですが、一軒家くらいのスペースがない方でも利用できる節税方法があります。それは、土地そのものを貸してしまうことです。 例えば、他人が家を建てるために土地を貸すという方法があります。この方法でも相続税を節税することができます。他人に貸すと、自分で土地を自由に利用できなくなります。これはマンション経営をしているのと同じ状況です。そのため、同じように相続税が下がるのです。 この方法なら、マンションの建築資金、運営等に関する問題は起こりません。とても気軽に利用できる節税方法です。

マンションを貸す場合、貸しているのは建物です。もちろん、土地を全く貸していないというわけではありません。しかし、土地貸しをする場合に比べると、貸したことで受ける制限は小さくなります。そのため、節税効果はマンション経営をするよりも大きくなります。 それぞれ相続税の評価額が減少することになります。マンション経営の場合、借地権割合に借家権割合を乗じて計算した割合分だけ評価額が減少します。対して、土地貸しの場合、借家権割合分だけ評価額が減少します。借地権割合は場所によって変動します。ですが、借家権割合は全国で30%となっています。そのため、計算上では、必ず土地貸しの方が有利になります。 減少した評価額に税率を乗じれば、節税できる相続税額が分かります。土地の評価額はとても大きいので、節税効果もかなり大きいものとなります。節税対策として土地貸しも検討してみて下さい。